Division KELLER
言語を選択してください:

ファウンドリー

アプリケーションレポート

アプリケーションレポート CellaCast

温度は、溶融金属製品の製造において、スクラップ率、品質、強度、加工特性などに影響を与える最も重要な物理的要因の一つである。溶湯の温度が高すぎると、耐火物の消耗が早くなり、エネルギー消費量が増加する。温度が低すぎると、金属は粘性を帯びます。
セラキャストシステムは、非接触で温度を測定する光学的手法です。溶融炉、保持炉、キュポラ炉、高炉の温度測定に使用される、摩耗やメンテナンスのない測定システムです。

**特徴

  • 磨耗やメンテナンスが不要な光学式測定法
  • スラグや酸化物があっても正しい溶融温度がわかるCSD(Clean Surface Detection)機能。
  • 注湯ごとの温度を自動判定するATD(Automatic Temperature Detection)機能。
アプリケーションソリューションに直接
アプリケーションノート セラキャスト
ja
INDICE 6 Login
© 2001-2024 – Internetagentur – Wrocklage Werbewerkstatt