Division KELLER
言語を選択してください:

インダストリー4.0

IO-Linkインターフェイス付きパイロメーター

セラテンプ® PK/PKF/PKLおよびPXシリーズ

CellaTemp® PK/PKF/PKL および PX シリーズのデバイスは、IEC 61131-9 に準拠した新しい IO-Link 通信インタフェースを装備しています。IO-Linkは第4次産業革命(インダストリー4.0)の重要な要件の1つとみなされています。

なぜIO-Linkなのか?

IO-Link は標準化された通信技術です。センサとアクチュエータが「話す」ことを可能にします。ケーブルを接続するだけで、すぐに使用できます。IO-Link はあらゆるフィールドバスを「理解」するデジタルポイントツーポイント通信です。簡単そうですか?そうです!IO-Link は安全な投資であり、革新的で経済的です!

**コストを削減する

パラメータ化可能なセンサーとアクチュエーターは、必要なデバイスの種類を減らします。これにより、調達の複雑さが軽減され、倉庫にスペースが生まれます。

**革新的なマシンコンセプトの実現

すべてのセンサーとアクチュエーターとのエンドツーエンドの通信だけが、インテリジェントデバイスのすべての機能を開放します。これにより、より革新的な機械やシステムを開発する可能性が広がります。

Piktogramm Zeit

**試運転時間の短縮

IO-Link 通信は非シールドケーブルを経由し、標準の産業用コネクタを使用します。これにより、デバイスを交換する際の時間と手間を節約できます。

Piktogramm Produktivität

**マシンの生産性を向上させます。

IO-Link デバイスは自動的に識別され、パラメータ化されます。これにより、欠陥のあるコンポーネントの交換が簡単になり、機械やシステムの修理によるダウンタイムが短縮されます。

**メンテナンスに革命を

インテリジェントな IO-Link デバイスは自己診断機能を備えています。これにより、新しい予測修理とメンテナンスのコンセプトが可能になります。

IO-Link インタフェースの利点

  • 標準化されたメーカーとフィールドバスに依存しないインターフェース
  • 標準化されたケーブルによるコスト効率の良いシンプルなポイント・ツー・ポイント接続
  • 配線工数が少ない
  • 簡単な試運転
  • 干渉のないデータ伝送
  • 中央データバックアップによる自動パラメータ設定
  • 最小フィールドレベルまでの完全な透明性
  • 体系的な診断コンセプト
  • プラグ&プレイによる機器交換
IO-Link Schnittstelle

システムおよび企業に依存しないオープンな通信インターフェイス

  • IEC 61131-9 に準拠した国際的に認められた規格
  • すべての主要制御システムメーカーとの IO-Link コンソーシアム
  • IODD デバイス記述ファイルにおける通信とデバイスプロパティの標準化されたシステム記述
  • 認定された IO-Link ハードウェアコンポーネント

簡単なプロジェクト計画と統合

  • すべての一般的なフィールドバスおよびオートメーションシステムに統合可能
  • 迅速なプロジェクト計画とシンプルなシステム文書化
  • システムコントローラ内のアナログデバイスと IO-Link デバイスの任意の組み合わせ
  • 下位互換性 - IO-Link デバイスは、スイッチングまたはアナログ出力の従来のセンサのように、標準モード(SIO)でも動作可能
  • 既存の配線をそのまま使用可能

簡単、迅速、安全な試運転とメンテナンス

  • シンプルなポイントツーポイント接続 - 配線の手間が少ない
  • M12コネクタープラグ(プラグ&プレイ)付き標準ケーブルを使用した標準化された「エラーのない」配線
  • 簡単でエラーのないセンサー交換
  • ベンダーIDおよびデバイスIDによる一意のデバイス識別により、誤った交換を回避します。
  • パラメータはマスタに保存され、デバイス交換時に自動的に転送されるため、誤った設定を避けることができます。
  • 状態指向のメンテナンスと的を絞ったサービスコール
  • トラブルシューティングの労力の最小化
  • メーカーに依存しない最新の試運転ツール
  • 種類と倉庫保管の最小化

**高い操作安全性

  • オペレーターによる誤った設定が除外されるため、いたずら防止が可能です。
  • 即座の集中故障診断(断線、短絡など)
  • 予防保守、サービス、修理のための診断データの検索により、故障のリスクを低減します。

**シンプルなパラメータ設定

  • 中央パラメータ化と設定データの保存
  • レシピ、材料、ツールの変更時に適応するシステム制御のための運転中の動的なパラメータ化により、ダウンタイムを削減し、柔軟性と生産多様性を向上させます。
  • 自動センサパラメータ設定、デバイス交換時のプラグ&プレイ
  • パラメータの簡単な複製

信頼性が高く、一貫性のあるデジタル通信

  • プロセスデータ、診断データ、装置情報および構成パラメータ
  • 24V信号レベルとチェックサム保護によるEMC干渉のない測定値伝送
  • 最低フィールドレベルからERPシステムまでの連続通信
  • 1つのセンサーで複数の測定値とスイッチングポイントに対応
  • 最も低いフィールドレベルまで、ワールドワイドなリモートメンテナンスとテレサービス

**コスト削減

  • 設置および配線作業の削減
  • 標準化されたフィールドバスインターフェースグループの使用によるアナログ入力カードの節約
パイロメーターへ
INDICE 6 Login
© 2001-2024 – Internetagentur – Wrocklage Werbewerkstatt